忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


そう、今日もアニメです。攻殻機動隊です。
えっと、「The Laughing Man」と「Individual Eleven」。
テレビシリーズの「Stand alone Complex」の笑い男編と「2nd GIF」の個別の11人編の総集編みたいな。

攻殻機動隊は、日本のアニメ史上、最もレベルの高いアニメの一つだと思うので、
総集編でもそりゃ、おもしろいです。
テレビシリーズは両方全部見ているので、そりゃ、難しい単語の羅列にも多少はついていけます。
いやぁ、5、6年前に出来た(原作に於いては、80年代にできた)ものとは思えないですわ。

「笑い男」の話は、結構、若い時に見ているので、
今の僕の考え方に非常に影響を与えていることは否めませんよ。
Ghostが宿ってます。否、そこは、どうでもいいんですけどね。
世の中の理不尽相手に戦おうと思った、子供の僕は、勝てないことを悟った、
だから、理不尽に乗っかって生きようと決めた。みたいな?
そういう、意味では、ガンダムの精神の方が、今の僕には近い。

「個別の11人」の話。テレビシリーズ、当時からどうしても解せないのは、押井氏の介入。
正直いらんかった。ストーリーコンセプトだ?ああ?
神山監督の好きにやらせたれや!って思った。やっぱ、並べてみると、
監督の青臭さ、やりたいことってのが、大分無くなってしまったんじゃないかと思う。
単純に話作りが巧くなったんだとも言えるだろうけど、僕ぁ、悲しい。
何より、神山監督のセンスが、削られた感じがした。イノセンスとかGhost~が苦手な僕にとっては辛かった。

そして、忘れてはいけないのが、菅野よう子!!
曲がもう、たまらんのよ痺れるね!入れてる音効監督のセンスもさすがだけど。
やっぱすげぇよ。曲がよくなきゃ、どんな入れ方してもね~。

最後に、忘れてはいけないのが、声優陣!こんなに巧くて渋い人ばっか集めやがって、コンチクショー!
特に山寺宏一。おはスタで「おっはー」なんてやってた(今もやってる?)
あんな眼鏡のおっさんが…。…もう、溜まらん!
俺はこの人と小野坂昌也で、声優になりたいと思った時期もあるので。大尊敬。
役者として。ほいで、舞台俳優をやってことに関しても。


とにかく、攻殻機動隊は良かったってことで、締め!
とりあえず、3時間×2本はちょっと、頭疲れたな…。

PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[11] [10] [9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1
«  Back :   HOME   : Next  »
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]