忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


回想録、第一弾!
とゆうことで、本当はこんなこと伝えたかったとか、
書いてもしょうがないので、今回のコンセプトをさらっと
語ろうかなって思います。

とゆうか、多分、やる前に語れよって話ですが。
(若干、やる前にも語ってたかな?)

まぁ、集大成って形ですわ。
何が?って方も多いので、簡単に説明をば。
僕が、初めて、時代物の演出をしたのは、丁度、1年前。…!?1年前!?
嘘や…。3年くらい経ってるよ!!

・・・まぁ、月光斜の「SAKURA」って話ですわ。
これ、どんなコンセプトかと言うと、咲かない桜があって、
過去(桜が咲いてる)と現在(桜が咲いてない)が混ざり合って、
最終的にどっちか分からなくなって、最後に紅い桜が咲く。ってお話。
アンケートで、ギャグない方がいいって言われたの・・・。
scan2.JPG
これはね、新感線や!ってよく言われるけど、
実は、ケラなの。ケラリーノのやり方なの。うへへ。
永ちゃん、カッコイイ。
時代は戦国。




それで、ZTONの「鶍-ISUKA-」
過去と現在の交錯具合はやりすぎだけど、イスカの魂が、剣で斬られて、
半分こになり、そいつらが、「ムラクモ」「クサナギ」って2人になるっていう、
極力分かりやすい話。
「SAKURA」より、ギャグを大量に入れた。当社費、1、5倍。
アンケートで、やっぱり、ギャグない方がいいって言われたの。

i10.jpg

これはもね、新感線や!って言われるんだけど、
実は、オムニバスって形だったの元は(笑)
これは、カッコイイ人おらんわ。
時代は古代。




でで、再び月光斜「監獄浪句」
これは、「SAKURA」より前に書いた脚本なのよ。
皆で、脱獄するんだけど、過去と現在の交錯ってのを
コンセプトにやってて、ギャグもほとんどないの。
言ったら、これが「SAKURA」と「鶍-ISUKA-」の雛形。

roku.jpg
 
 ―なのに、アンケートでつまんないギャグ多いって言われるんですねぇ・・・。
 まぁ、売れない芸人役も居ましたから、そのせいだとは思うんですが、
 なんせ、売れてないんでね。
 ちなみに、土肥君です。ワイルドです。本当はスーツじゃないです。
 時代は江戸です。






で、「しぐれ-shigure-」は、
過去と現在交錯シリーズの最後にしようと思っていて。
今まで、やりきれなかったところを全部やろうかな・と。
ギャグもなしで、直球勝負しようかな・と。
いう、コンセプトだったんですが。

2eeea131jpeg
 ・・・無理でしたねぇ。なんか、戦ってましたもんね・・・。
 脚本の時点で入ってましたもんね・・・。
 自分がギャグセンスないの分かってるのにね、
 頑張っちゃうからね・・・。
 アイタタタ。
 ―ちなみに卯月君、舞台の一部のよう。。。
 




ゆったら、重い話をライトに魅せたくて。悲劇を悲劇と思わせない?よく分からないけれど。
そういう意味では「しぐれ」は挑戦でしたけど、
やってることは、今までと、あんま変わってないかなって思う・・・。(監獄除く)

このまま、過去現在交錯しつづけても、作家としても演出としても成長しない
と思うので、過去現在交錯シリーズはちっと封印。(なんかT.M.Rみたいだな)
封印前に、やり残したこと全部やっとこかって感じ。だったのかしら。

まぁ、やり残したというか、やらないといけないことはモッサモッサあるとは思いますが。
そこは、生暖かく見守ってください。


次、書くのは、反動でめっさ明るいのになるんじゃないかなぁ・・・。
そういう意味で、「しぐれ-shigure-」を良いって言ってくれた方達を失望させて
しまうのではないかと、ガクガクブルブルですわ。
逆に駄目だ!言う方には良いと言ってもらえるものを作りたいというのはありますが。

友曰く、「おまえの自信の9割は虚勢で出来ている」

・・・ごもっとも。
次は、嵐の音響編。


いかん、全然、「しぐれ」の回想してない!!
PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ひとこと。
T.M.Revolutionの略称は、
【T.M.R.】です!!!!!
よーこ (フジイ。) 2007/05/12(Sat)01:05: 編集
いやいや
細かぁ(笑)
zin 2007/05/12(Sat)02:16: 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[89] [88] [87] [86] [85] [84] [83] [82] [81] [80] [79
«  Back :   HOME   : Next  »
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]