忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「月黄泉ノ唄」も終わり。

次の公演の準備が始まるのです。

練習は、もう、あと2週間で始まっちゃうから、

つまりは、あと2週間で脚本を書き上げなくては、いけない。と。

無理無理。

初演の脚本あるし、最悪それで・・・。

う~ん、この発想が「世界と戦ってない」とでも言うのだろう。



脚本といえば、今回の「月黄泉ノ唄」は
初めて、キャラクターになりきって書いてみようと試みた。
(あくまで、自分のキャパシティにないキャラクター)

常々、構成美を掲げるボクは、ある程度・役者を駒と見る思想から、脱却できない。
月黄泉ノ唄が終わった今でも、そこは半分くらい揺るがない。

まぁ、それは、それとして、
ボクの脚本の書き方は、基本エチュード。
プロットだけは、確実に決めて、そこで、脳内エチュードをトテトテ書き連ねる。
如何せん、言葉使いが下手糞なので、書き直しも多いが・・・。

で、まぁ、エチュードというか、テンションで書いてるので、
登場人物が、大体自分の分身しか登場できないのであ~る。

そこの幅を広げようと、「綱」というキャラクターに心血を注いだのであ~る。


てゆうか、「晴明」とか、ボクの思想そのままだから
サクサク進むのよ。ホント。
破滅願望・破壊願望があるんですな。

あと、「ライコウ」とかも、ボクの普段の立ち位置だから
サクサク進むのよ。
いつか、不満が爆発すっぞ?的なw

それに、「キントキ」は、童偵だった頃のボクだから
やっぱり、サクサク進むのよ。
やぁ、あの頃の方が打たれ強かった気もするけれど…。


ただね、「綱」は、ストイックに世界に挑み続けるわけで。
ちょっと、気を抜くと、すぐ弱音吐いてて。
いかん、いかんと書き直した思い出がありますヨ。



で、まぁ、あとは、機能美な思想なんで、
裏設定なんて必要ないと信じて疑わないわけで。
と思ってたんですが。
今回、ふんだんに脚本に出てこない裏設定を導入してみました。
初めてづくし。

強いて、エピソード名をつけるなら。

「安倍晴明誕生秘話~赤・青・緑の輝き~」
「ライコウ・綱・ライシンの三角関係」
「平将門黄泉帰り」

つーか、これだけで脚本になるからな・・・。
なんだかんだ言って、裏設定なんぞ、
自己満足に終わりそうなものには手を出さないことにします。
言うほど、カタルシスも得られなかったし。


まぁ、しかしだよ。
「ライシンと綱が出来ていた?」ってアンケートが合って「ほほう」と
顔を緩ませてしまう自分がおりました。


で、なんだかんだで嬉しかったのはですね。
ボクが、月光斜で芝居をやっていた時代から、
見に来て下さっていた方々がいはるんですよ。
それで、ZTON旗揚げしてから、欠かさず見に来てくださる方々で。
誰の知り合いというわけでもないのに。


その方たちにですね、今回、「花束」と「お手紙」を頂きまして。
虚栄心がとっくの昔に枯れてしまったボクでも、
いざ、そういうものを頂けるのは、大変うれしゅうございました。
嬉しすぎて、劇団員で集合写真撮りましたもん。

この「花束」がなかったら、この写真はありませんでしたね(笑)
d250e64f.jpeg


奇跡のZTON集合写真




本当にありがとうございます。
劇団ZTONこれからも頑張りマス!

さぁ、脚本を書くのら!


そうそう、ZTONを昔から好きな方には「ISUKA」好きの方が多くて。実は。
「ホントかよ?」
ってツイツイツッコミたくなるのは、置いといて、
きっと一番、青い芝居だからなんじゃないかと思いつつ。

初演はとてもじゃないけれど、お見せできませんので、悪しからず(笑)
もしかしたら、DVD特典に一部分入る…かもしれない。入らないかもしれない。


長々と書いた。じゃ。しーゆー
PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[285] [284] [283] [282] [281] [280] [279] [278] [277] [276] [275
«  Back :   HOME   : Next  »
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]