忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


無から有を生み出すのは辛いことだ。
(本質的には無ではないのだが)


楽しい行程ではあるのだが、生み出すものに絶対の自信がなければ、進まない。

なんつーか、そういう意味では「昔」の脚本の方が、
フラットにそして、十二分に楽しめて、書かれている。

今でも、一番僕の作品の中で一番おもしろいといわれるのが
「SAKURA」なのは、その辺から来てるのだろうか。


もっと、したいこと前面に押し出すかなぁ。
馬鹿なこと前面に押し出すかなぁ。

てゆうか、自分で言うのもなんだが、
「SAKURA」は構成に命かけてるなぁ・と
話が破綻してまでも、構成に重きを置く。
いかんのやろうけど、この熱さが懐かしい。

失敗を恐れない、ドンビーアフレイド的な。
いや、英語の意味違うかもしらん。


今、やりたいことは何かな…。
って思うと、実は「蜘蛛巣城の扉」みたいな、(黒澤じゃないよ)
ド・級のエンタメだったりもする。



稚拙なんだけど、熱い




真たるものは、そういう稚拙さから伝わるもんじゃないかと思うんだけど、
今となっては、稚拙を売りにするわけにはいかんのよね、学生劇団じゃないし。

悶々悶々。

三国無双やりたいけど、さすがに今やるわけにはいかん。



カレコレ、パソコンの前で思案、8時間。
さすがに腰にくる・・・。
PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[235] [234] [233] [232] [231] [230] [229] [228] [227] [226] [225
«  Back :   HOME   : Next  »
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]