忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


を、ちょこちょこ見る。
木綿さんに借りたDVDである。

見たことのある新感線の作品の中では、一番好きだ。
クオリティも滅茶苦茶高いイメージがあった・・・、しかし!!
違った!!

まぁ、見たのが2年前だし。
記憶ってのは美化されるもんだわな。

「アテルイ」とか「阿修羅城の瞳」とか見たからか、意外と狭い舞台!!
いや、僕はそんなでかいとこ立ったことないですけど。
そこまでイカさない照明。
なんか、アンニュイな演技。
よく分からない演出。
カメラワークのせいかも知れないけれど。

いやぁ、髑髏城1997を「神」レベルまで崇めていた僕は、
そうじゃないところが目についてショックでしたよ。
まぁ、改めて感じたことは、僕は「新感線」を目指しているわけじゃない・と云うこと。
昔、養成所の先生が「新感線」の立ち上げに誘われて、蹴ったらしいが、
大層後悔していた(笑)

僕は本当に新感線入りたかったら、意地でも
いのうえひでのりの家に土下座決め込みに行くからね。
「しない」ってことは、やっぱ違うんだけど。確信持てたかなぁ。
自分のスタイルというか、「やりたいこと」に。
最近は、芝居に於ける、虚構と現実の定義の価値観を疑ってるけれど。
そんな感じで、スタッフ作業の合間の休憩でした。

ではでは、「阿修羅乃華」に向けて・・・。
PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
追記
死ぬまでに一回は
髑髏城7人の演出やりたい。
くそぅ!!
zin 2007/08/04(Sat)03:59: 編集
過渡期だしなぁ。
私は髑髏城は戯曲→小説→アカドクロ(映画館)→97の順で見てたので実はそんなに97年版に思い入れはない。
…でもやっぱり突入?するとこはドキドキする。あの曲が入るとこ。

演出してくださいよー。出るよ。意地でも出るよ。
もめん 2007/08/04(Sat)04:38: 編集
ゼヒッ!
沙霧がやりたぃっ!
koyo 2007/08/04(Sat)05:20: 編集
無題
人の脚本は難しい!!
projectTの教訓。
ガンガル俺。負けるな俺。

僕は、裏切りサンゴやりたい。
zin 2007/08/10(Fri)04:35: 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[157] [156] [155] [154] [153] [152] [151] [150] [149] [148] [147
«  Back :   HOME   : Next  »
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]