忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


昨日、5月に出るロクソドンタフェスティバルの決起集会なんぞ云うものに
行って参りましたよ。大阪まで、電車で揺られて、

矢沢あいの「天使なんかじゃない!」を片手に。


いやぁ、ホント、矢沢あいはエグイことしてくれるよね。
「NANA」もそうだけど、続きが読みたくないもん。
いや、読みたい。読みたいんだけど読みたくない。

「NANA」なんて、精神が異常きたしてる時に読んだから、
ボロ泣きですよ。ノブにボロ泣きですよ。


まぁ、そんなことはいいんだよ。




で、作家とか、漫画家の持ってるらしさ。-つーものがあるじゃないさ。

ボクのそれはどっちだ?!!
(ボクは大きくわけて2種類ある)
って思ったら、

ロクソに出すはずの書きかけの脚本も「う~ん」ってなってきて、
客観的に見て、どっちだ。っつー話になってきて。
このまま書いていいものか。また、止まってしなった。


いや、「ハムレット」でやりたいことは、もう揺るいでないわけで。
そこはいいのよ。

要するに「SAKURA」「しぐれ」系統で行くのか。
「鶍」「祇園精舎の鐘調べ」系統で行くのか。
っつー話。


また、モラトリアム~ルだ。
ま、お客さんに単純に楽しんでもらえたらいいんだろうがね。

じゃ、しーゆー
PR

無から有を生み出すのは辛いことだ。
(本質的には無ではないのだが)


楽しい行程ではあるのだが、生み出すものに絶対の自信がなければ、進まない。

なんつーか、そういう意味では「昔」の脚本の方が、
フラットにそして、十二分に楽しめて、書かれている。

今でも、一番僕の作品の中で一番おもしろいといわれるのが
「SAKURA」なのは、その辺から来てるのだろうか。


もっと、したいこと前面に押し出すかなぁ。
馬鹿なこと前面に押し出すかなぁ。

てゆうか、自分で言うのもなんだが、
「SAKURA」は構成に命かけてるなぁ・と
話が破綻してまでも、構成に重きを置く。
いかんのやろうけど、この熱さが懐かしい。

失敗を恐れない、ドンビーアフレイド的な。
いや、英語の意味違うかもしらん。


今、やりたいことは何かな…。
って思うと、実は「蜘蛛巣城の扉」みたいな、(黒澤じゃないよ)
ド・級のエンタメだったりもする。



稚拙なんだけど、熱い




真たるものは、そういう稚拙さから伝わるもんじゃないかと思うんだけど、
今となっては、稚拙を売りにするわけにはいかんのよね、学生劇団じゃないし。

悶々悶々。

三国無双やりたいけど、さすがに今やるわけにはいかん。



カレコレ、パソコンの前で思案、8時間。
さすがに腰にくる・・・。

5月、ロクソドンタフェスティバル参加作品のための脚本を書いている。

あんだけ書けない書けないと言っていたが、
実はコソコソ書いていた。
ぶっちゃけ、20ページを超えている。

しかし!気にいらん。
なんか、賞に挑戦するからか、媚過ぎてる。
気持ち悪い。おもしろくない。許せない。



とゆうわけで、データを破棄して一からやり直す!


いやぁ、自分の作ってるもんには妥協したくないじゃない。

人の作るもんには妥協しちゃうんだがね。

それも止めよう。厳しく厳しく。


とゆうわけで、僕は寝ます。
果報は寝て待て、レパのネタは寝て待て。

じゃ、しーゆー

ども!!
ジンジンこと河瀬仁誌です。


さて、最近不毛な、ボクですが、
今日は、たろうちゃんに会いました。永田陽介太郎座衛門です。

最近、何してるの?
って聞いたら、



「・・・不毛



って返って来た。
そうだよねぇ、たろうちゃんとボクは同じ人種だもの。

で、王将でちょっとした食事会(謎)

眠いボク&テンション低いタロウ。
そんな中、次々と運ばれてくる料理達。
で、何を話したかというと。


ボクと永ちゃんの不毛なトーク。

レッスン1永田ブログを作る
ブログ作る発言から早くも1年。ついにできたよ、永田のブログ。
タイトルは、「永田の暗室」ただし、誰ともリンクを貼らないと豪語している。

レッスン2芝居について語る。
ボク「あ~、プロデューサー欲しい。金集めて欲しい。
   為房とかステラとかやってくんないかなぁ。」
永田「でも、役者は芝居のない期間に、イロイロなもの吸収しないといけないでしょ?」
ボク「ああ、そりゃ、必要だよね。たっちゃんとか頑張ってるしねぇ」
永田「でしょ?」
ボク「永ちゃんは?」


永田「俺?俺は不毛
終了。

レッスン3河瀬について。
永田「最近、ブログテンション高いよね?」
ボク「そう?」
永田「ちょっとその元気わけてよ。」
ボク「別に元気なわけじゃないよ、眠いし」
永田「あ、俺も眠い」
ボク「どんだけ寝ても眠いよね」
永田「そうそう」
ボク「最近、鉄分足りなくてさ」


永田「(生活が不毛なのとは)関係ないんじゃない?



ボク「…なんか、そんな気がするけど、家帰って錠剤飲んで寝るわ」
永田「持ち歩いたらいいよ。俺も帰って寝よ、あ、その前にトイレ。」



本日はこんな感じで終了。
明日は、ZTON忘年会
やっぱ、アレだ。ボクと永ちゃんは酒がないと駄目なんだ
よ~~~~く、分かった!!



じゃ、グッドラック。

ちわわ!!
ジンジンこと河瀬仁誌でぇす!!


ちゅーわけで、昨日は月光斜の受付手伝って本番見て
取っ払い手伝って打ち上げにお邪魔して
夕方16時に起きた、わけだけれど。もう眠いんだよね。

そして、果てしなく肩が凝ってる
すぐにどこかしら凝るタイプであるのです。
ああ、温泉行きたい。温泉じゃなくても銭湯でもいい。
ジャグジーをくれ。それで、「肩にこれでもか!?」ってくらいに当てたい。


パソコン打つのもシンドイので、今日はこの辺りで。
あ、そうそう、ボクが「豚の腸」祈ったのは、双子座流星群だったみたいっスよ。

じゃ、シーユー!

どもども!
ジンジンこと河瀬仁誌でぇす!!
すっかり、マッチャーかぶれ。本日も河原雅彦法式でお送りします。


てまぁ、ちょっと偉そうなことを語ろうと思って。
今思ってる芝居論的な?個人的趣味ですが。
ぶっちゃけ、自己に向けて書くから。
じゃあ、ノートの切れ端にでも書いておけよって話なんだけど。
どうせ、切れ端無くすから。残るし、ゴミと間違えて捨てないし


かなり危ないこと書いてしまったから、
つづきに載せてみる。
でも非常に危ない気がするので
広い心をお持ちの方だけ読んでください。



ども!
ジンジンこと河瀬仁誌です。
もうすっかり、ジンジンってあだ名を定着させようと必死だね。
たぶん、誰も呼ばないだろうがね。
いいんだよ、自分で自分のことジンジンって呼んでアイタタタってなるし。


すっかり?めっきり?さっぱり?正しい日本語もわからない感じで、
3日かけても脚本が進まない僕ですが、
何をして、不毛なこの3日間を過ごしたかというと、
まずは、Yahoo!ニュース
これで世代の流れに置いて行かれなくてすむね。

で、
河原雅彦のブログ
なんつーか全記事読んだね。暇だね。本当。
おかげで、河原雅彦かぶれ。自分が嫌になるよね。

断食もできなかったし。
コンビニ行っちゃったし。
大して、腹も減ってないのに、
サラダパスタ買っちゃったし。

そうそう、セブンイレブンのサラダパスタがね、大好物なんですよ。
僕はこれだけで
1週間生きれるね。
グリルチキンと豚しゃぶの奴。
で、サラダパスタと一緒にインスタントのみそ汁を作って飲んだわけだ。
インスタントの味噌汁って1パックごとに味噌が詰まってる。
で、巧く全部出し尽くせない時もあるのさ、切れ端とかに引っかかって。

仕方ないから味噌がちょっと飛び出たままゴミ箱に捨てるじゃないか。
そしたら、そういう日に限ってゴミ箱の中にゴムの伸びきったパンツ
捨ててあったわけ。
なんか、もうどうしていいか分からない後悔の念が押し寄せる。

今日は大人しく断食しといた方が良かったんじゃないか?
俺もう生きてちゃ駄目なんじゃないか?とか考える。

まぁ、でも生きるんだけど。
とゆうわけで、また今度。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8
«  Back :   HOME   : Next  »
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]