忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


回想禄です。
なんか、頭ボーっとしてますが、とりあえず
終わった感じを実感するために書いて置きたいと思うのです。


まず、劇団ZTON vol.5「月黄泉ノ唄」に
ご来場くださった皆様、本当にありがとうございました。
本当に、本当に、ありがとうございました。

入場して頂けなかったお客様、本当に申し訳ありません。
今後、このようなことがないように一層努力致します。
客席も段差が多かったり、狭かったりと。本当にすいません。


謝り倒しですが、至らなかった自分の責任ですので、
どうぞ、ご容赦ください。



さて、今回の「月黄泉ノ唄」初稿は、2年前の旗揚げ時に
書いたものを大幅にアレンジして、今回に望みました。
初稿の主人公は「綱」だもの。
そして、「少年」。
正直、全く違う話になりました。あい。


まさか、ART COMPLEX 1928でやることになるとは、
思いもよりませんでした。よかホールでした。あい。


ああ、何を回想したらいいのか…。
う~ん、全部言い訳臭くなるから嫌だなァ…。



うーん、次への目標でも書き記そう。
後で読んで、励みになる。(俺が)

・台詞回しが巧くなる。
・3次元の照明技術を獲得する。
・ARTに合う、舞台プランを練る。
・ある程度自分を信じる。
・ひよらない。
・俺、頑張る。
・俺頑張れる。
・眠い。
・あと、2週間で脚本書き上げる。
・無理無理。
・眠い。
・もう、駄目だ。
・温泉行きたい。
・金がない。
・あばばば。


うん、もう駄目だ。
疲れてる。じゃ、しーゆー
PR

すっかり更新滞りました。

本当はね、1ヶ月更新しないで、

「あ!?やっちまった!?」

ってやろうと思ってたんだけど、あまりの忙しさに更新(笑)



いやぁ、本気人員プリーズ。
ちょっと、ガチで劇団員募集してます。

どれくらい切羽詰ってるかっていうと、
下痢の波が来てて、トイレのない電車に乗ってるあの感じ。

今、駅に降りるわけにもいかんし、
トイレもないから、もうどうしようもない。

たくさんの劇団員でSPの如くボクを取り囲み
その中で、携帯用の便器で用を足したいところだ。
そんな仕事はないけれど。


もうねぇ、ほんとねぇ、助けてよ。
どこに発信しているかよく分からないブログではあるけれど。


ああ、めんどくさいなら、いい。
いいよ、大丈夫、今回はなんとかするから、
じゃあ、代わりに、次の公演見に来てもらえたら、いいから。
うん、丁度・来週末だしね。

 


劇団ZTON vol.5『月黄泉ノ唄』
d7fd6421.jpeg
ART COMPLEX 1928提携公演

作・演出 河瀬仁誌


【あらすじ】
まだ都が京にあり、生と死が近かりし頃、
都を脅かすものがあった。
疫病、飢餓、そして、「鬼」
月明かりが一条戻り橋を照らす夜、人はあやかしと出会う…。
満月のもとで対峙する、死せるものと生けるものたち。
その魂の行き着く先は―

『鬼さんこちら、手の鳴る方へ』

―今宵、鬼が、あなたを魔都へ誘う―
キャスト2倍!スケール2倍!
劇団ZTON最大規模でお送りする
空想歴史絵巻!!

【日時】
2008年8月29日(金)    /18:30~
2008年8月30日(土)14:00~/18:30~
2008年8月31日(日)14:00~
(※開場は開演の30分前)

【場所】
ART COMPLEX 1928

【料金】
一律:1000円
(※今回に限りぜっとん&てっとん君カードは使用できません)

【お問い合わせ】

mail:ultra-zton@infoseek.jp
HP:http://gekidan-zton.hp.infoseek.co.jp/
 

千円とかありえないでしょ。
買いでしょ、買い。
つーか、ここだけの話・赤字だから。
たくさん来てもらえると本当に嬉しかったりします。


えーと、ちなみに劇団員募集はマジなんで、
そこんとこ、
宜しく。


1次元のモノが点で。

2次元のモノが線で。

3次元のモノが立体で。

4次元は、そこに時間軸が入る…のか?


さっぱりわからないけれど。
個人的観点で意見を述べるならば、

2次元が漫画で。

3次元+4次元が演劇で。

2次元+4次元が映画(アニメ)だと思うのです。
(どれだけ3Dでも、見る人にとっては2次元)

そして、河瀬には、時間を整理する脳がないのです。
5次元に何が加えられるのかは知らないが、
5次元の人々にとっては、「時」という概念が、
日常的にフレーム内にあり、好きに変動させることができるのだと思う。
我々、4次元の人間が「立体」を好きに造形できるように。


これって、映画じゃないのか?
てことは、人は、5次元的に編集を重ねて映画を作る。
人類、恐るべし。


まぁ、それで、演劇の話に戻るんですが、
まぁ、「立体」の上で人は演じるので、
3次元を体感できる、唯一の方式ですわな。
ぶっちゃけ、どこから見てもいいわけだし。

ほいで、まぁ、5次元的な編集はできないけれど、
4次元をリアルタイムで見ることができる。
という、ライブ感があるわけだ。


やっぱ、芝居をやる以上は、
芝居にしかできない「表現」というか、楽しみが欲しいよね。
「円形舞台」とか、「ノンストップ一幕場」とか。

そう思うと、僕のは殊更、映画に…。
アニメに近い…。


というわけで、ただの堕文でした。

ふう、改稿してやったぜ。

今回の改稿は、なかなかやる気にならなかったのが一番きつかったぜぃ。

寝てないぜ!眠いぜ!
今寝ると、稽古OFFの意味なくなるぜ!

マジで嫌だぜ!
(現在、朝10時)


ああ、焼肉食いたい。
とりあえず、ロクソで100万とれてたら、
チファジァで焼肉だな。


とらぬ狸の皮算用。


今日、野球したら、筋肉が飛ぶな。
野球したい。草野球したい。


でも、やっぱ、眠い!!

ジンバブエが220%インフレらしぃ。

日本では、物価指数が1、9%アップ。



経済のことはよう分からんけど、
日本も終わるんじゃないかと思うね。

つーか、終わったらいいとも若干思っている節もあるがね。


問題はそこじゃなくて、


一言で言うならば、こんな時代に「演劇します!」
なんて、平和ボケェしたこと言ってていいのか・と
常々思っていたりする。

言うてしばえば、経済打撃を受けている層が、
客層なわけでしょう、演劇なんてもんは。

そら、シェイクスピアの時代の演劇の
需要は貴族相手でしたから、
ガツガツ金かけたらいいわけですよ。貴族に払わせたらいいのですよ。


でも、演劇のターゲットが今では、一般の人々で、
その人たちに高いチケットを売りさばく!!
なんぞ、阿漕な商売だと、思ってしまうんですなぁ…。

劇団☆新感線とか見に行きたいけど、
10,000円なんて観劇料金をどっから捻り出すんだよ?的な。

いや、行きたいけどさ。




別に金が欲しくて芝居してるわけじゃないけど、
芝居のことを考えて生き続けることができたら、言うことはないっス。
だって、働きながらだと難しいじゃない。芝居って。
本番あるし、脚本書かなきゃだし。
何より、過眠症だしな、俺。

最近な俺。

一昨日。
稽古。祇園祭りを横目に見ながら、稽古場に行き、帰る。
「そもそも、祭りが好きな人間と我々は人種が違うのではないか?」
と、レストランと討論を交わしながら、
大雨に降られる。

その後、夜中の12時から、
何故か、レストランと2人で、ガンダムSEED、運命の総集編DVD
をわざわざ借りに行き、計7本を見る。

主人公の不憫さに。
強化人間の滑稽さに。
よくできた女たちに。
童貞臭い主人公に。
展開のおかしな話に。
声優やってるTMRに。
仮面の人に。
シャアの声に。

10分に一回は大爆笑をしながら、
12時間ノンストップ、アニメ祭りを敢行。
…寝る。


昨日
OFF。
祇園祭りに出かける。
昨日、「人種が違うのどうだの、散々いいながらも」
気がつけば、4000円も使い。
最後にはカキ氷を食べ、すっかり満喫してしまう。
いや、正直、ここまで、普通に溶け込むとは思わなんだ。

新風館に、ファンキーモンキーベイなんちゃらが居て、
ライブやってたが。観客のノリにドン引きした。
途中から天井のPARライト見てた。
バンドだったら、多少違ったのか。

ファンがノリノリで引くとか初めてでした。
いや、ホント、ドン引きしました。
単純に、ラッパーのノリが嫌いなだけかもしれない。
バンドは好きなんだけどなぁ。


後、散髪式。
家の玄関で。
しかしながら、本日、誰も何も言ってくれませんでした。


本日。

仮通しに向けて、全シーン通し終わり。
まぁ、今度のソレを見て、改稿部分を決めるのです。
いやぁ、ちゃんと言った通りにやってもらえるのか?!

これが意外と心配ですね。


明日。
会合。イロイロ。
あー、怖い怖い。



じゃ、頑張って生きるよ、しーゆー。

足を刺されたでアース。

痒いでアース。


でも、ボクの足を見た人は、それはダニの仕業ではない!

と言うでアース。



どうやら、南京虫という話でアース。

ダニアースが利かないでアース。


バルサン!!



これで、虫の城は崩壊でアース。
問題としては、金族もやられることでアース。

アース、アース。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9
«  Back :   HOME   : Next  »
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]