忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


えーと、この前のブログで

コードギアスR2つまんないって言ってごめんなさい。
いや、見てない3週間分くらい見て。

もう、駄目だ…。


という感じですな。
来週からは必ず見ますので、
どうぞ、ご容赦を。
特に、りゅーじぃ。
(今回、客演の天川隆士くん。氏は○タク)


全然、関係ないけど
ボクは、眠りが浅くて、1日に2、3回夢を見る。
で、なんか不足の事態が夢の中で起きると、

夢の中で、時間が逆行して、
もう一度、同じところをやり直すことができるという
能力を持っている。
(目を覚まさずに、眠ったまま)

これって、ギアスに似ていよう?

ほんと、そんだけ。
ルルーシュみたいな世直ししたい。

じゃ、しーゆー。
PR

毎週月曜日は…?


レストランの日~!!


つーわけで、レストランに無許可で行う、
レストランについてのお話。

本日は、栄光のレストランについて語ろうと思います。
いやぁ~、本気で嫌がりそうですね。

まず、レストランまさひろ氏は、月光斜、ボクの2つ先輩の代ですから、
一浪のち、2002年、立命館大学法学部に入学。

何をとち狂ったのか
立命館大学のサークル劇団月光斜に入団。
大学からの演劇生活の始まりでした。

後後、月光斜に入らなければ、もう少しまともな人生だったろうに
と半分くらいの出身者が言いますが、レストランもそんなことを
たまに言います。笑いながらなので、多分3割くらい本気でしょう。

して、レストランのデビューは
2002年の卒業公演「メイシュンの樹」でした。

meishun.jpg 月光斜のHPより拝借。
 
 当時の月光斜は全盛期!!
 この公演の観客総動員数は877人と
 歴史的な数字を記録した。
 公演でもありました。
 (現在も破られておらず)


そんな黄金時代にデビューを果たした。レストラン。
当時の芸名は、五味正洋。本名でした。
本名晒してやりました。万歳。役は村人5でした。地味。

そんな月光斜の黄金時代とは裏腹に、
レストランには冬の時代がやってくる…。

この公演以降、レストラン氏はスタッフとして参加するものの、
役者として参加していない。丸1年、3公演である。

そう、氏は、役者落ちという、怖ろしいトライアルシステムの中で
もがき続けるのである。

(学生劇団最大規模の集客を誇る劇団月光斜。
もちろん、人数も多い。望んだ者が全員役者できるはずもない!
そこで、公演序盤にオーディションが課され、
それをクリアした者だけが出演できるのである。
演劇界の最下層でも怖ろしいシステム。
ボクも、一回、これで泣いた。)


レストランいとっては地獄の日々だったろう。
しかしながら、副産物として、スタッフである舞台造形は怖ろしいレベルアップを果たした。

そして、1年後、エンタメ作品。
/net」でレストランの時代が到来する。

slash01.jpg
  2003年卒業公演「/net」
  2回生のレストランは「火壁防人」を熱演。
  ファンがちらほらできて、
  噂では、火壁のかっこよさに
  失神した女子もいたのだとか。
  そんなことはないか。


以後、レストランの劇団月光斜内での株が急上昇。
一躍、レギュラー役者入りを果たした。

そんな歴史の駒たち。
photo13r.jpglock005.jpg21r.jpg








五味正洋+1へぇ         五味正洋              五味正洋+1ルック

ひゅ~、2枚目だねぇ。レストラン!
いや、本人本当に嫌がりそう。

たまに乳首だしてましてね、レストラン。
他にも苦渋の時代には、+1とか、+1hpとか、+1(消滅)とかあります。


そして、2005年のレストラン氏の卒業公演。「東京メトロ
(ボクは2回生)

metromini.jpg これで、主役を果たすレストラン。
 当時の芸名は五味正洋+1年

 後、見事5回生になりました。
 
 そういえば、この頃は、結構な頻度で
 レストランと酒呑んで、
 芝居論を熱く語りました。


1年後、ボクは劇団ZTON旗揚げ。
その時には、客演にレストランを呼んだら、
もう既に「レストランまさひろ」でした。
どうやら、氏は、必死に授業を取っていたようです。

それまでにも、丸太町ONマイライフという劇団に出ていて、
そこで既に、「レストランまさひろ」と名乗っていたわけですねぇ。

そして、その半年後、
レストランまさひろ主宰劇団、似桜花を旗揚げ。
とゆうか、まだ旗揚げ公演をせず、
ずるずると1年が過ぎ。



正直、いつするんでしょう、旗揚げ公演?


おまけ。
080706_1727~0001.jpg
  舞台技術をもっつ作りあげた。
  レストラン専用スノコベッド

  キャスター付きなので、乾燥も簡単!!

  ご注文は、
  「ジンターテイメンツ!!」
  週刊レストランの係りまで。


♪わ~い、2万だぁ~
 大洲ういろうの時間だ~

♪白黒抹茶上がり珈琲柚子桜
 青柳ういろう~

20000ヒットの喜びが、
名古屋のういろうを彷彿とさせた。


まぁ、こんな感じで、薬やってるかやってないか
わからんテンションで今後も行きます。

どうぞよろしくアース。

たまには、、真面目に語ってみよう。と、思う。

てゆうか、制作さんに演出構想をよこせと言われているが、
そういうのホントに苦手なので、とりあえず、
フラットな形で語ってから、まとめることとしよう。


ボクは、大学入学と同時に京都へやって来た。2004年のことだ。
大学内サークル、劇団月光斜に入団し、
2004年度夏公演「バイバイゲーム」で、苦々しいデビューを飾り、
(本番中に舞台裏で嘔吐)
早く、卒業公演をやりたいと切に願いながら、丁度、卒公が始まる時期…。

そんな時に、月光斜の先輩であったモカさんこと岡村明日香という人に
「今度、音響をやるので見に来てよぉ」とお誘いを受け、(ボクのスタッフも音響なので)
先輩の神川誠という、人と見に行った公演こそ、

当時、ART COMPLEX 1928でやっていた。
劇団SHOWDOWNさんの「Dragon Spirit

そう、かの蜜比呂人さんが主役のアレだ。
初めて、こういう劇場で見た、エンターテイメントであった。

当時の月光斜も割りとエンタメ食は強かったけれど、
2003年の月光斜はエンタメ全盛期の時代だったらしいが、
もはや、エンタメから違う路線にスイッチングが始まってした上に、
かつての時代を模倣的にやる時代で、出ていてなんだが、
おもしろくない脚本も多かったと思う。

いやぁ~、泣きそうでした。演劇で泣くなんていう感覚は初めてで、
必死になって堪えていた思い出があります。さんの独白シーン。

そこで、思った…。いいなぁ。
いつかART COMPLEXで演劇したいなぁ。
こういうところで演技したいなぁ(当時は、役者志望でした)
蜜比呂人さんと知り合いたいなぁ。
と漠然と思って、終演後の蜜さんに話しかける勇気もなく。
帰りました。ハイ。

そこから、ARTにちょこちょこと公演を見に来ることがありました。
で、2005年辺りから、あまりARTに見に行かなくなって…。


そして、2年前の2006年夏
ボクとしては、3回生となり、演出やったり、役者やったり、イロイロバイタリティに
富んでいて、丁度、劇団ZTON旗揚げに向けて動き出したのもこの頃で、
その時、ART COMPEXでやっていた芝居が

THE RABBIT GANG TROUPEさん×SHOWDOWNさんの
幸せの鐘が鳴り響き 僕はただ悲しいふりをする

で、これには、今回出演してくださる。
上田直人さんとか(上田さんの劇団だしね↑)、当時は火ノ鳥だった酒井信古くんとか
出てましたね。もちろん、さんも。


で、何より一番悔しかったのが、客演さんでねぇ。
ちょこちょこ、僕と同じくらいの年代の人が混ざっていたんですよ、客演に。

「自分と同じ年代の人がARTに!!」、って思ったら、
自分は何やってるんだろ?とか思ったりしましたよ。
月光斜出身の近い範囲での偉人のなさを悔やんだりもしましたよ。
何というか、自分も出たかったというのが、何より在りました。
とゆうか、3年の夏まで、客演したことなかったんですねぇ。実は。


ようやく、出た公演が、丸太町onマイライフの解散公演(笑)だったんですねぇ。
先輩、デフレスパイラル鎌田氏の主宰する劇団でした。

そこで、「阿修羅乃華」に出演して頂いた、
飛び道具の平貴之さんと知り合ったという感じでしょうか。

そこから、2007年4月に「しぐれ-shigure-
これで、たぶん、京都演劇界にデビューしたような、公演になったんだと思います。
2回目の公演ですけど(笑)
であれよ、あれよと、今回が第5回目の公演というわけで。


2年からやりたかった題材でして。
遂に満を持して、登場というわけで。

そして、夏!!

ART COMPLEX 1928!!


どれだけ、燃えてる感じか、分かりますでしょうか(笑)
言うてしまえば、4年越しの恋。成就に向けて
ラストフェイズに向けて飛び出しているわけであります。
そういう感じです。心境としては。


ちなみに、今の恋としては、
小栗旬くんと知り合いになって、演出をつけること。

市川染五郎さんに、「そめさん」と呼べる間柄になること。



う~ん、病気ですかね?

まぁ、でも、2004年当時は、蜜さんと話すことが、
同等くらいの価値観だったから、やるしかないだろうさ。


じゃ、しーゆー。

今日は、オタクな気分だよ!!



コードギアスR2を見なくなって早、3ヶ月。

失敗だよぉ、失敗だよ、サンライズ!!
セカンドシリーズなんてやっちゃ駄目だよ!!

SEEDの時に痛い目みたじゃん!!


と、まぁ、こんなネットの偏狭で叫んだところで、
どうにもならんし、

新しいガンダム作らせてくれ!!
って結構、マジで思ってるけど。
どうにもならんわけで。

つーか、クロスボーンX、アニメ化しといて欲しいよね。
富野さんが亡くなる前に(失礼か…)
単に、動いてるキンケドゥが見たいんだ、俺は。




つーわけで、ガンダムOOを予想してみよう・と思う。
まぁ、誰が徳するってわけじゃないけど、
当たってたら、証拠になるじゃん。
ホント、それだけ。


かなりの初期段階からロック・オン死亡説を唱えていた自分としては、
なんとしても当てて行きたい処。

昔から、薄々感じていたが、

俺って、ブログに日々のことを書いていない!


なんか、思想とか、思い出とか、語るとか。そんなんだけ。
まぁ、いっか。大したことしてないし、と思いつつ。

プロフィールの写真を金パツだった頃の…。
なんか、人気あった頃のにしていみた。

そういや、回想もしときたいなぁ。
自分の整理のために(笑)


結局、日々のことは書かないのかしらね。

まぁ、家が崩れたら、喜び勇んで更新するかな。

まずは、「レストランまさひろ」という男について語らねばなるまい。


5522da74jpeg











はい、どん!

本読んでるレストラン。オフショットですよ!!
現在、25歳。2月6日生まれ。水瓶座。
なんと、ボクと誕生日が一日違いなんですねぇ。


まぁ、一言で彼を言い表すならば、「黒い」。
色が。日に焼けてないのに「黒い」。

一時、更に黒くなっていく、レストラン氏を見て、肝不全じゃないのか?
本気で心配したりもしましたが、いたって健康のようです。はい、多分。


そうそも、ボクとレストラルの関係は先輩・後輩である。
月光斜時代の。
もちろん、レストラルのが先輩2つも先輩
なのに、ボクと来たら、ブログのコンテンツにするという暴挙っぷり、
いや、尊敬してるんスよ。イロイロな意味で。


現在、れすとら~んは、
劇団似桜花の主宰であらせられる。
そして、劇団ZTONの公演にすべて噛んでいる。
これはこれで、すごいことだと思う。感謝しております。

そして、何より、ボクの部屋の隣に住んでいる。
85ba0172jpegf27b1177jpeg










↑ボクの部屋             レストラン↑

という、完全なる隣人。
ちなみに、レストランの部屋のみエアコンがない。ボクの部屋にはあります。
更にちなみに、ボクが入ったのが、3月、レストランは5月と
タイムラグはあるのです。

昔から、レストラン~ンと芝居論について熱く語り明かしたりしていたので
この家で、行われるかとも思われていましたが、
意外と、下品な下ネタ会合、もしくは、七輪パーティーで終わるのです。
最近は、ここに麻雀が増えました。



こんな、完全身内の雰囲気の中、
ボクは、レストランを売り出していこう!!と
決意を新たに、書き綴っていくのであります!!毎週!

非常に、シビアな決意↓


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10
«  Back :   HOME   : Next  »
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]